P-CFOサロン2021/7を開催しました

2021年7月に第20回P-CFOサロンを開催しました。

P-CFOサロンとは?
P-CFOサロンでは、その道の一人者のゲストをお呼びし、P-CFOメンバーへの研鑽と活躍のベースキャンプとなるイベントを定期的に開催しています。

7月は協会のメンバー交流企画!ということで、ミニセミナーとメンバーの成果報告、プラス交流タイムという構成で開催しました。P-CFOサロンでは、「オンラインでの交流企画」は無料開催としていて、総勢19名のエントリーを頂きました!

冒頭のミニセミナーでご登壇いただいたのは、先日P-CFO対談でも登場した荻野 好正(おぎの よしまさ)さんです。荻野さんは「ガバナンス」や「管理会計」についての経験を活かし研究活動をされているということで、今回は中小ベンチャーの経営に関わるP-CFOとしても、ぜひ押さえておきたい「コーポレートガバナンス」をテーマに、企画しました。
「30分でわかる」という無茶ぶりなテーマに応えていただき、わずか30分歴史からトレンドまでご説明頂きました! 質疑応答では荻野さんご自身の経験や見解もご披露頂き、参加者からも「荻野さんの役員経験の中での本音を聞くことができてよかった」「今後も取り上げてほしいテーマです」といった感想が寄せられました。中には「自分も社外役員になる!」と決意表明される方もいらっしゃいました。

P-CFOメンバー成果報告では、2020年11月にP-CFO養成塾を修了した3期生3名に発表頂きました。
大阪を拠点に活躍中の松井さん、東京に拠点置きつつ九州のベンチャー企業支援中の鈴木さん、フルサポート(現マスターマインド)を経てP-CFO道を邁進中の藤田さんと、バックグラウンド活動領域が異なるメンバーがそろい、三者三様の発表となりました。発表後は登壇メンバー3名の部屋に分かれてのフリーディスカッション。ここではさらに「個別に深い話を聞ける」時間となったようでした。
参加者からは「成果報告は3人の性格の違いも出ていて、PCFOの面白さを再認識しました」「実際の案件を通して成果を出されていたので刺激を受けました」「自分の事業計画立案の参考にします」といった声が寄せられました。

今回の交流会の締めは、7月からの当協会の運営体制について発表でした。
当協会では事務局の他、運営委員会を組成し分科会や情報発信など様々な活動を推進してまいります。どうぞお楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です