2022年1月、当協会会員は総勢67名になりました

2021年に養成塾4期が終了し、2022年1月には4期修了生が加わり、日本パートナーCFO協会は総勢67名となりました。

さて、当協会は2021年に次のようなことに取り組んで参りました。

■社外理事によるガバナンスの強化
当協会は、発信及びガバナンス強化を目的として、2021年10月に弁護士の淵邊善彦氏を社外理事に招聘しました。
 ⇒「新ガバナンス体制のお知らせ 社外理事に淵邊善彦氏就任

■P-CFOサロン
毎月開催し、資金調達やベンチャー法務、FP&Aや事業再生、ブランディングなど多様なテーマで9名の外部講師をお招きして、各界の第一人者からP-CFOとしての活動に役立つ知見を得る機会を作りました。
また、P-CFOサロンでは年3回協会員の交流企画として、ミニセミナーや成果発表を行いました。時節柄全てオンラインでの開催でしたが、メンバーの知見やネットワークを共有する機会として好評でした。
 ⇒「パートナーCFO協会とは」 ※P-CFOサロンについてはページ中頃

■P-CFOメンバー紹介
ほぼ毎月更新し、総勢11名のインタビューを掲載しました。
独立起業や副業で活躍するメンバーのみならず、ITやヒト組織など、ご自身の専門性とP-CFOを掛け合わせて活躍するメンバーもご紹介してきました。
 ⇒「パートナーCFOの紹介

他にも、メンバーの自発的な活動としてランチディスカッションnote(経営に役立つ情報発信)」が行われました。

今年から加わった4期修了生も、様々なバックグラウンド、専門性を持つ仲間ばかり。
多様な協会メンバー活躍ステージをさらに広げるべく新たな企画も着々と準備が進んでおります。

当協会は2022年も「パートナーCFOの研鑽と活躍のベースキャンプ」として、パワーアップしてまいります。

本年もどうぞよろしくお願いします。
当協会そして会員であるP-CFOメンバーの活躍を、こうご期待ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。