P-CFOサロン2022/9を開催しました

2022年9月に第34回P-CFOサロンを開催しました。

今回は森本 千賀子(株式会社morichi代表取締役 兼 オールラウンダーエージェント)さんを講師にお迎えして、「転職エージェント約30年“キャリアのプロ”が説くベンチャー企業の採用戦略~CxO~マネジメントレイヤーの採用の流儀~」というテーマでご登壇頂きました。

森本さんは、リクルートから5年前に独立起業され、「人・組織・採用」を軸に、30年で約4,500社と関わってこられた「キャリアのプロ」です。現在は、様々な“お困りごと”解決のためのオールラウンダーエージェントとしてご活躍中。転職エージェントとしての「人と組織のマッチング」(特にCxO、マネジメント層)だけではなく、理事・顧問・社外取締役・アドバイザーとして行政団体や上場・未上場企業を含めた約27社で、経営者の伴走者として活動されています。

前半の講義では、With/Afterコロナ時代人材に関するマーケット環境や最新のトレンドから、「CxOの見つけ方、育て方」「採用の極意」など、「人・組織・採用」を軸に、多岐にわたるトピックについてお話しいただきました。

特に中小企業・ベンチャー企業こそ「採用力が大事」と、経営者が「採用=未来への投資」ととらえて採用に注力することの重要性と、実例を踏まえた「採用力を高めるポイント」についてお話しいただきました。

また、副業・兼業(フリーランス)は今後も増えていく背景を踏まえ、「副業人材採用」「複業人材採用」はいずれも注目度が高く、我々「パートナーCFO」のような「プロ人材」のシェアリングの可能性の広がりについても言及されました。それぞれのトピックで1コマできるほどの深い知見と多数の事例を詰め込んだ非常に濃密な時間でしたが、森本さんの素晴らしい表現力であっという間の1時間でした。

今回参加したのは、ベンチャー企業のCFOや社外役員をはじめ、P-CFOとして活躍中の独立コンサルタントや直近で転職を経験したP-CFOメンバー等。
後半の質疑応答では、参加メンバーから次々に質問の手が挙がります。

「給与面で差がつかない時、CxO求職者の心をいかにつかむか
CxOを募集する際はどのくらいの母集団数を考えたらいいか」

と、今回のテーマであったCxOに特化した質問はもちろん、

中小企業で社長が採用面接すると長く語りがち。面接者と求職者の話すバランスはどのくらいが適切か」
転職エージェントとのいい関係の築き方はあるか」
「コロナで外国人材に限界があり、採用対象を高卒者に広げているどう高校と接点を持つのが効果的か
内定後の学生をいかに引き留めたらいいのか
フルリモートや在宅勤務可など働き方多様化しているが、対面での接点が少ない場合のオンボーディングのポイントは?」

など、採用活動に関する実践的な質問が飛び交い、森本さんから的確なアドバイスや参考事例をお示し頂きました。

参加者からは「CXOの採用において聞きたかったポイントが全て網羅的にお聞きできました」「CXO採用の全体像、各テーマ、ポイント非常にわかりやすかったです」「CxO採用の採用広報や発信等、すぐにアクションにつなげたいです」「中小企業の採用難のヒントを得られました」「質疑応答ではどれも的確にお答えいただけて、他の参加者の質問も大変参考になりました」といった声が寄せられました。

*当協会ではP-CFOサロンを毎月開催。その道の一人者のゲストをお呼びし、P-CFOメンバーへの研鑽と活躍のベースキャンプとなるイベントを定期的に開催しています。
今後もP-CFOメンバーの活動に役立つ情報をお届けしてまいりますので、どうぞお楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。